MENU

鋸南町にて人工芝施工をさせて頂きました。

鋸南町 人工芝

人工芝施工ビフォアーアフター

今回は雑草対策という事でご依頼頂きました。
お庭はお家ご購入前から植えてあった芝生と、前回の草刈りから生えてきた雑草のあるお庭です。

ビフォアー1 アフター1

お庭内の畑ですが、全面の囲いは沈みすぎてしまっているのと、側面は特に仕切りが無かったので、余っていたレンガを使わせて頂き、下地作りの際に囲いを設置させて頂きました。
人工芝は土と仕切りがあるとよりピシッとした印象になります。
また今回のお庭は踏み石がありましたので、全面緑にしてしまうよりも中にアクセントが出来る事でのっぺり感も無くなり楽しい雰囲気の出るお庭となりました。

ビフォアー2 アフター2

お庭の奥側の角です。
手前側に大きな雑草が生えてしまっており、中に入りにくい状況でしたが、人工芝を敷く事で奥側にも気楽に入り易くなりました。
またお庭の畑と同じように夏ミカンの木をレンガで囲いを作ってあげる事で木の部分をくり抜くよりもめりはりが出ますね。

ビフォアー3 アフター3

入口からの景色です。
お家の壁や外壁などの白色やレンガをふんだんに使ったお庭でしたので、人工芝との相性は非常に抜群です。
お家の前を通る方や、いらっしゃるお客様にも、自慢できる人工芝と一体感のあるお家です。

ビフォアー4 アフター4

お庭の奥側です。
周りが緑になる事で夏ミカンの実が強調されて、お庭に色味を足してくれる事で生き生きとした温かいイメージを与えてくれます。

ビフォアー5 アフター5

手前側の角の画像です。
ご購入時からお庭の材料が置いてあったままとの事でしたが、片づけて頂き人工芝を敷く事で奥まで行くのも気持ちよく行けるお庭になりました。

ビフォアー5 アフター5

ブログにて紹介して頂きました

お客様がブログに掲載して頂けるとの事で非常に細かく紹介して頂きました。

私には書けないお客様目線で、かつ細かく人工芝施工の工程を書いて頂いていますので、DIYで施工する方も参考になると思います。

その他にも私の憧れる「のんびり田舎暮らし」を満喫されている為、私もすっかり読者になってしまいました(笑)
いのしし狩りなんかはとても面白い記事でした!
通常は出せない施工金額も掲載して頂いておりますので、このお庭がいくらで人工芝を引けたのか気になる方は是非一度ご覧ください!

おまけ鋸南町について

鋸南町には数日通わせて頂きましたが、とても綺麗な景色があたりに散らばっておりましたので、おまけでご紹介!

鋸山

のこぎり山

やはり一番は鋸(のこぎり)山ですね。
高さで言うと他県の方は見慣れた高さかも知れませんが、千葉県は基本的には起伏があまり無い県なので、存在感は抜群です。

ロープウエーで山頂まで行けて名物の地獄覗きという所もあり、近年は外国の方も頻繁に来られているそうで再注目さてれています。

あらためて見ると凄いですね。写真では結構な人数が載っています(汗)
トリックアートのようでトリックアートでは無い映像が撮れるという事でインスタ映えスポットとしても再注目されています。

道の駅 保田(ほった)小学校

保田小学校

保田小学校は通り道にあって、最初は小学校と道の駅が一緒になっていると思っていたのですが、実は廃校になってしまった小学校をリノベーションして道の駅となったそうです。

土日祝のお昼時はお祭りなんじゃないかという位に活気があり、前の道も渋滞したりしています。
小学校が今でも近隣の方に愛されているというのは非常にほっこりします。

後で調べたら、この道の駅は軽食やピザ、カフェがあり買い物以外でも楽しめるとの事です。
さらに宿泊も出来るとの事で大部屋なら教室に泊まれるという事で何かとっても楽しそうですね。
OBの方なら、懐かしい小学校でお泊り同窓会とかも出来るので凄くうらやましいなーと思いました。

東京湾沿い道路

東京湾沿い道路

高速道路を使わずに国道で来ると途中から東京湾沿いの道を走るのですが、冬など晴れた日は奥にくっきり富士山が見えました。
残念ながら朝の写真を撮り忘れてしまったのですが、夕日沿いの写真は撮れました。

東京湾沿い道路1 東京湾沿い道路2

なかなか車を止める所が無く、写真を撮れなかったのですが、山を登ったり港を通ったり、海のすぐ横を通ったりと本当に楽しい景色の連続でした。
南房総はドライブやツーリングスポットとしても有名なのが分かります。
次はゆっくり旅行でもしようかなーと思わせてくれる素敵な町でした。