MENU

人工芝のDIYの費用について

人工芝をDIY

人工芝を施工となるとどうしても初期費用、イニシャルコストが高くなってしまいます。

しかし最近のDIYブームもあり、人工芝も自分でDIY施工してしまおうという方も増えてきております。

人工芝はお庭により非常に難易度が高くなったりもしますが、四角いお庭などは難易度低めで実はやり方さえ分かれば、器用な人も出来てしまったります。

見積りを一度とった事のある方ならDIYで施工する事によって、費用はどれだけお得になったのかというのは分かると思いますが、 見積りをとった事の無い方だと果たしてどれだけ費用対効果があったのか、もしくはあるのかという所が非常に気になると思います。

今回はそんな「DIYでの人工芝施工費用」という点で書きたいと思います。

もくじ

人工芝のDIYにはどんな費用がかかる?

まずは人工芝を施工するにはどのような費用がかかるのでしょうか。

人工芝DIYにかかる費用

人工芝をDIYで施工する際には敷く為の人工芝はもちろん、実は非常に様々なものが必要になります。

「道具を揃えてたらあまり業者に頼むと変わらなくなった」なんて事の無いようDIYでやる場合はしっかり調べて行いましょう。

必要な資材・材料

  • 人工芝
    人工芝

    勿論これが無いと始まりません。

    ただし最も価格の幅が出るのがこの人工芝本来です。

    基本的には安いものは芝の葉が少ない、短い等の為、寿命が短くなり、高いものは寿命やリアルさにこだわったものになる傾向があります。

    せっかくDIYで頑張ったのに綺麗に張れなかったり、早くにダメになってしまったりと思わぬトラブルに巻き込まれないようにしっかり調べて購入しましょう。

    パネルタイプや量り売りなど様々な形で販売されていますが、お庭に敷くなら一気に敷けてつなぎ目も分かりにくいロールタイプのものがオススメです。

    サイズだと「2m×10m」や「1m×10m」などが一般的なものになります。

    3,800円/㎡~(当店価格)

  • 防草シート
    防草シート

    人工芝の下に敷き雑草を防いでくれるのがこの防草シートです。

    防草シートは雑草の成長に必要な光を遮る事によって雑草を防止してくれます。

    中には防草シートを敷かずにそのまま人工芝をオススメしているのもたまに見ますが、長年使う事を考えたら是非付けたほうが良いでしょう。

    480円/㎡(当店価格)

  • 丸くぎ
    丸くぎ

    防草シートを地面に止める時に使用します。

    しっかり止める為に約100mmの少し長めの釘を使用しましょう。

    地面で止めるだけなので材質はステンレスだけでは無くても鉄でも十分です。

    鉄ならホームセンターで1000円以内で必要数は用意出来ると思います。

    1,000円程度

  • ジョイントテープ(人工芝接続テープ)
    ジョイントテープ

    人工芝同士をつなぐ際に人工芝と人工芝の間に敷いて接着するのに使うテープになります。

    すでに接着用ののりが付いているので、剥離紙を剥がして接着します。

    屋外用のテープと言ってもたくさんありますので、人工芝専用もしくは人工芝にも使用可能なものを選びましょう。

    500円/m(当店価格)

  • U字釘
    U字釘

    U字釘は人工芝を固定するのに使用します。

    強度的な問題もありますので、基本的には人工芝同士のつなぎ目は上で紹介した両面テープを使用し、U字釘は外周に打っていく事をオススメしています。

    場所にもよりますが、20~30㎝感覚でU字釘を打っていきますので、釘を打つ箇所の長さ(m) ÷ 0.2(m)~0.3(m)で必要本数を出し準備します。

    釘を打っていくと曲がってしまったり、足りなくなったりもありますので、予備を多少用意しておくと安心です。

    30円/本(当店価格)

  • 養生テープ
    養生テープ

    防草シートのつなぎ目をふさいだり、人工芝の接合時に人工芝の葉を守ったりするのに必要になります。

    使用するのはホームセンターで売っている一般的なもので大丈夫です。

    ガムテープや布テープですと、雨が降って濡れた時に剥がれてしまったり、 芝の葉にくっついたらとれなくなってしまう等があるので、養生テープを使用しましょう。

    通常のお庭なら1巻あれば足りると思います。

    300円/巻

必要な道具

  • 農具
    スコップ

    天然芝や雑草を取り除いたり、土の高さ調整時などに使用します。

    必要な道具はお庭によって違いますが、土の運びが多い場合はスコップ、 天然芝が張ってあったならくわ、雑草が多い場合は鎌や熊手…などなど地面をまず土の状態にする為に必要なものを用意します。

    1つ1,000円~2,000程度

  • 整地道具
    トンボ

    人工芝を平らにするには土の高さを均一にしてあげなければいけません。

    その為、トンボやレーキなど土を馴らす道具が必要になります。

    少し大変になりますが、まっすぐな木の板でも代用可能です。

    トンボ:5,000円~1万5,000円程度/木の板:500円未満

  • 転圧道具
    転圧機

    地面を馴らすと同時に沈まないように地面を固める転圧という作業が必要になります。

    転圧には転圧機があれば、あっという間に、かつ力強くお庭の転圧が出来ますが買うとなると10万円以上かかります。

    購入すると一気に費用が高くなってしまいますので、レンタルなどなら1日1,000円程度で借りられる所もあるようです。

    またお家にレンガなどがあればそれで叩いていっても良いですし、大変ですが頑張れば足踏みでも固められます。

    必要なのは地面が沈まないようにするという事ですので、予算、予定に合わせて用意しましょう。

    転圧機:10万円以上(レンタルなら1,000円/日程度)、レンガ:200円程度

  • カッター・はさみ
    カッター

    各開封、防草シートや人工芝のカットを行います。

    人工芝のカットはゴムを切る為、通常の文房具では少し難しいかもしれません。

    カッターなら大きい刃が使えるもの、ハサミならゴムが切れる物があると安心です。

    カッター等なら100円ショップでも売っていますね。

    各1,000円未満

  • かなづち
    かなづち

    防草シートの釘や、人工芝のU字釘を打つのに必要になります。

    大体のお家にはあるのでは無いでしょうか。

    1,000円程度

  • 定規
    定規

    人工芝をまっすぐカットする際に必要になります。

    人工芝の幅は1m~2mとなりますので、出来れば1m以上でカッターにも耐えられるものが良いです。

    長い定規は1万5,000円程してしまい結構な費用になってしまいますので、 長い直線をカッターで切れれば良いので、代用できるものがあればそちらでも構いません。

    1万5,000円程

  • メジャー
    メジャー

    お庭の計測や人工芝カット時の仮敷の際に必要になります。

    安いものでもOKで、最近では100円ショップでも売っています。

    1,000円未満