MENU

防草シート施工

人工芝をDIY
もくじ

防草シート施工手順

防草シート

防草シートは雑草を防ぐ為、ここを失敗してしまうと、せっかく人工芝を敷いても雑草が生えてくる可能性が非常に高くなってしまいます。。

防草シートは最終的には見えなくなってしまいますが、しっかり丁寧に作業していきましょう。

防草シート施工の手順

防草シートは以下のように施工していきます。

  1. 掃き掃除

    掃き掃除

    整地、転圧が終わったらいよいよ防草シート施工になりますが、防草シートを施工すると地面を隠す事になりますので、 その前にまず整地転圧で周りに砂だらけになっていると思いますので、一度掃き掃除をしましょう。

  2. 防草シートを広げる

    縦に敷いた場合

    長く張る場合は早いがたるみに注意

    横に敷いた場合

    短く張る場合はたるみにくいが時間がかかる

    人工芝と違い防草シートは向きは関係ないので、やりやすい向きに広げましょう。

  3. 防草シートをカット

    防草シート端

    防草シートは光を遮って雑草を防止する仕組みになります。

    その為、カットが短かったり、壁との隙間が開いた場合はそこから雑草が生える可能性が非常に高くなります。

    カットする場合は地面がしっかり防草シートで隠れるようカットしすぎないよう注意しましょう。

  4. 端を釘で打っていく

    丸くぎ

    場所が決まり、大きさも合わせてカット出来たらズレないように端を釘で打っていきます。

    釘はホームセンターなどで打っている10㎝位の長めの丸くぎなどで打って行きましょう。

    後で防草シートの上から人工芝をU字釘で止めますので、防草シートは剥がれない程度で大丈夫です。

  5. 2枚目以降の防草シートを少し重ねて敷いていく

    防草シートつなぎ目

    1枚目を敷いたら隣に順番に敷いてしきます。
    この際2枚目は5センチ程かぶせて敷いていきます。

    防草シートを敷いているのに草が生えてきてしまうという事がありますが、
    その大きな原因は次の3つが大半です。

    1. 防草シートが破れた所から雑草が生えてしまった
    2. 防草シートの上に土がたまりそこから雑草が生えてしまった
    3. 防草シートの隙間があり雑草が生えてしまった

    この中で3番目の隙間から雑草が生えるというのを防止します。

    充分な重ね幅が無いと何らかの理由により防草シート同士の間に隙間が出来った場合そこから雑草は生えてくる可能性があります。

    そうならない為にも隙間が出ないようにしっかり重ねて施工していきましょう。

    何よりもどんな場合でも地面に太陽の光が当たらないように徹底的に遮りましょう!

  6. 最終確認

    防草シートの釘打ち、つなぎ目の養生テープを止め終わったら、
    地面が表面に出ていないか、剥がれやすい所は無いかを最後にもう一度確認しましょう。
    もし不安な所があれば、今までの切れ端でも良いので、地面が出ないように上から補助で付けておきましょう。

障害物を避ける際の切り方

防草シートを敷いていると雨水マスや、水道メーター(量水機)や植木、物置の足などどうしても避けなければいけないものが必ず出てきます。
そのような場合の切り方です。

一度敷いてからくり抜く方法

雨水マスや、量水器、踏み石など高さが無く防草シートを敷いても真上から作業出来るものはくり抜くやり方が楽です。

  1. 一度全体に敷く

    障害物の上から防草シートを引く

    そこまで高さが無いものは気にせずに一度上から防草シートを敷きます。

  2. 真ん中に一本カットを入れる

    下を傷つけないように1本カットを入れる

    障害物がある所は盛り上がっていると思いますので、そこにに1本カットを入れます。

    下地を傷付けないように注意しながらカットしていきましょう。

    切り抜く対象が四角なら角から角へカットをしましょう。

  3. 同じように数本カットを入れる

    数本カットを入れる

    切り抜く対象が四角ならもう1本角から角へカットを入れます。

    丸い場合は数本を端から端まで数本カットを入れます。

    障害物が四角では無い場合は、カットが多い程ぴったり収まりますので、自身が無い場合はカットを多めに入れましょう。

  4. 周りを落とす

    障害物が抜ける

    カットを入れ終わったら全体を地面に向かって押すと画像のように周りの防草シートが地面に降ります。

    周りを落としたらしっかり地面に落ちているかを確認して下さい。

    どこかが浮いている場合は、カットが甘い箇所があり引っかかっている箇所があるので、再度カットを入れて、全体がしっかり地面に接するようにして下さい。

  5. 余分な部分をカット

    余分な所をカット

    しっかり地面に落とせたら立ち上がった部分の余分の箇所をカットして切り取ります。

    もしも切りすぎて地面が出てしまった場合は防草シートの破片を使って地面が出ないようにしましょう。

    しっかり場所が決まったら釘を数か所打って完成です。

上から覗けない障害物の場合

柱の足

植木やウッドデッキの足、倉庫の足、柱、水道など上からくり抜く事が出来ない場合の切り方です。

  1. 一度障害物まで防草シートをしく

    障害物まで防草シートを引く

    一度障害物まで防草シートを敷きます。
    防草シートを敷いていき障害物に当たったら折り返します。

  2. 片側が寝るようにカット

    角に当たっている所をカット

    障害物に当たっている所の角の所から片方だけ縦に一本カットを入れてあげます。
    両方にカットを入れてしまうと奥側の部分まで切り取ってしまいますので、注意して下さい。

    この時にしっかりと柱に合わせて切るか、
    もしくは、不安なら奥に向かって広くなっていくようにカットしていって下さい
    奥に向かって細くすると、寝かした時に柱の元の地面が出てきてしまいます。

  3. 片側を寝かす

    片側だけ地面に寝る

    カットを入れたら片方は地面に沿って寝るようになります。

  4. 障害物の根本部分をカット①

    先ほどと接している根本部分をカット

    片側を寝かせたら、先ほどのカット部分と垂直になるように、障害物に沿って切り込みを入れます。
    ※最初のカットと平行に切ってしまうと、奥の部分を切り落としてしまうので注意

    違う部分を切ってしまうと必要な部分も切り取ってしまうので、必ず先ほどのカットとつながって行くようカットしていきましょう。

  5. 障害物の根本部分をカット②

    障害物をカット②

    カットしたらどんどん倒れていきますので、障害物に合わせてカットしていきます。

    またカットする時は障害物以上に切ってしまうと切り落としてしまったり、隙間が出てきてしまう為、障害物に合わせながらカットを入れていきます。

  6. 最後の面をカット③

    最後の面をカット

    最後の面も角に合わせて切れば、障害物の部分が切り取れます。
    どこが必要な部分で、どこが不要なのかを考えながら、切りすぎて地面が出ないように切っていきましょう。

防草シートカットの順番

上から見たらこのように順にカットしていきます。