MENU

人工芝のDIY①下地処理、整地編

人工芝 DIY

各項目でしっかり準備出来たと思いますので、いよいよ実践してみましょう。

もくじ

下地処理

人工芝は水はけもへこみも下地に大きく左右されます。
この下地作りさえしっかり行っていれば、多少人工芝の施工を失敗して見た目が悪くなっても雑草防止などの機能性は損なわれる事はありません。
ですので、この下地作りと整地に関しては時間を多めにとってしっかり行っていきましょう。

下地処理に使う道具

  • スコップ

    スコップ
  • くわ

    くわ
  • 鎌
  • のこぎり

    のこぎり

下地処理(雑草の場合)

雑草のお庭

まずは下地を処理していきましょう。
土やコンクリートのお庭ならここは飛ばしてOKです。
雑草や芝がある場合は根っこからしっかり取り除いて下の写真のように土の状態になるようにしていきます。

草刈り機でも大丈夫?!

土のお庭へ1 土のお庭へ2

草刈り機ですと、雑草の表面を刈り取るのみになってしまい、根っこは取り除けませんので、地道に地面を掘りながら雑草や芝の根から取り除いていきましょう。

雑草を根から取り除く

左が草刈り機での雑草除去後。夏なら数週間で新しい緑の雑草が生えてきます。

障害物

壁際、障害物との際などの細かい所も鎌などでしっかり根っこから取り除きましょう。

障害物2

木が近くにある場合や、しっかりした根っこがある雑草も根気よく取り除きましょう!

雑草取り

ポイントはスコップやくわで一度土ごと草を地面から剥がし、後で熊手などで土と雑草を分けてあげるようにします。
分けた土は再度お庭に均等に分配しますので、石などがある場合も取り除いておきましょう。

下地処理(砂利などの撤去)

砂利

砂利などをすでに敷いてあるお庭の場合は、同じように地面が出てくるまで撤去しなければいけません。
大体の場合は砂利の下に防草シートが敷いてあると思いますので、防草シートが出てきたらそれも撤去しましょう。

業者さんに撤去してもらうならば、車の入れる所の近くにブルーシートなどを敷いて集めておきましょう。
土嚢袋の場合は、こつこつ詰めていきます。

整地

この整地が人工芝施工の中で重要な工程になります。
様々なケースがあると思いますが、最も大事なのは人工芝を敷いた後でもしっかり平に維持してもらう作業という事なので難しく考えすぎないようにしましょう。

整地に使う道具

  • スコップ

    スコップ
  • 整地道具
    (トンボ・レーキ・木の板など)

    転圧機
  • 転圧道具
    (転圧機・ダンパー・レンガなど)

    トンボ

地面の高さの目安

雑草を取り除いたらこれから土を平にしていくのですが、その前に土の高さをどの位に調整したら良いのかを調べておきます。
地面の高さは人工芝の芝の葉の分だけ下げてあげます。

人工芝の下地の高さ目安

地面からある程度下げておかないと、人工芝を敷いた際に人工芝部分が高くなってしまう為、コンクリート等の部分がへこんで見えてしまいます。
更に人工芝の側面から風が入りやすくなり、強風時などに人工芝が剥がされるなどのリスクも高くなってしまいます。

ただし、排水溝等に流す設備の途中に人工芝を敷く際は地面を下げてしまうと雨水が排水溝を超えられずたまってしまうという事もありますので、注意が必要です。

地面の傾斜

地面のへこみを無くす

地面の角度に関しては周りのコンクリ―トに合わせる形になると思います。
ほとんどのお庭は雨水は一度地面に吸収させてから各設備にて排水という形になると思います。
人工芝も排水用の小さな穴がありますので、地面に大きなへこみが無ければ雨水が貯まる事は無いと思いますので、
全体の角度を平にするというよりかは、端から端までを直線で結べるようデコボコにならないようにする事が重要になります。

土を平にしましょう

土の地面

雑草を除去した後は地面もなかなかボコボコになっていると思います。
地面にデコボコがあると人工芝を敷いた時にもデコボコが反映されてしまいます。

雑草で土ごと掘り起こしている為、土は柔らかくなっているはずなので、柔らかいままトンボやレーキ(無ければ長い木の板)で高い所から低い所へ移動させてあげて地面を馴らしてあげます。

転圧

ある程度馴らせたら次は転圧といって柔らかい土をしっかり地面に固めていきます。
転圧機があれば全体を転圧機で固めてあげます。

転圧機が無い場合でも少し大変ですが、踏んでしっかり固めてげれば大丈夫です。
足で踏み固める場合は5~6回程足ふみしながら漏れが無いように固めていきます。
ある程度力を入れて地面に足を落としても地面が沈ま無ければ大丈夫です。

一般的なお庭の場合は雨が降ってもしっかり吸収できるよう上の部分は乾いていればさらさらとした土なので、
固めたとしても上側にはさらさらとした土が残っていると思いますが、転圧はその下の土が固まっていれば大丈夫です。
上のサラサラとした土は固めた後にまた全体に馴らしてあげます。

デコボコを無くす

転圧が完了したら、再度トンボや木の板などで、高い所は無いかを確認しながら撫でてあげます。
高い所があれば、そこを削り低い所へならし、トータルで平になるようにします。
土が足りない場合や、雑草除去時に土が低くなりすぎてしまった場合は、土や砕石を新たに買って補充してあげます。

整地1 整地2
整地3

高い所を削る→転圧を何度か繰り返してあげる事で、徐々に平になっていきます。
平で無いと人工芝を敷いた時にプカプカ浮いてしまったり、一部だけ高くなってしまうなどが発生してしまうので、
この作業は焦らず時間をかけて、しっかり確認しながらやっていきましょう。

土が足りない場合

お庭を整地していくと、もともと低かった所や、大きなくぼみを埋めなくてはいけない等の理由で、土が足りないと思う事もあると思います。
その場合は砕石というものを使って埋める事になります。

ちなみに同じ石でも砂利と砕石は全く別の物なりますので注意が必要です。
砕石は工事の基礎などにも使われる地面を固めるなどの時に使う石で、砂利は防犯砂利などのように丸みがあるものもあるので、いつまでも踏み固める事が出来ず不安定な地面になってしまいます。

砂利は逆に撤去しなければいけないものなので、購入時には砂利では無く砕石を買うようにしましょう。

使う砕石の種類

砕石

画像元:ジョイフル本田

サイズによって砕石はさまざまなものがあります。
砕石の中でも「路盤材」と書かれているものを使用します。
人工芝施工時に使用する砕石は以下のものを使いましょう。

  • Cー30

    石のサイズが0mm~30mmのものです。地面を固める時、地面の凹みを直す時にはこれを使いましょう。

    「C-30」と書かれずにサイズのみの「30-0」と記入しているもの、
    リサイクル砕石の「RC-30」と言った商品がありますが、どれでも構いません。

  • Cー40

    石のサイズが0mm~40mmのものです。上のC-30よりも大きな石が紛れ込んだものになります。
    大きい石がある為、上よりも少し安定しない所もたまにありますので、その場合は上から土を少しかぶせてあげて再度転圧して下さい。

    「C-40」と書かれずにサイズのみの「40-0」と記入しているもの、
    リサイクル砕石の「RC-40」と言った商品がありますが、どれでも構いません。

砕石も様々な種類がありますので、必ず上の2つのものどちらかを使うようにして下さい。
それ以外では転圧が出来きらず、人工芝を敷いた際に逆にデコボコを作る原因になってしまいます。

水はけが悪い場合は

水たまり

土が粘土質で常に保水しているような土の場合(水はけが悪い)は山砂を上からまいてあげると、整地しやすくなります。
ただし、水はけの改善とまではいかないので、水はけでお悩みの方は土壌改良など別の工事が必要になります。