MENU

人工芝のDIY計画編

人工芝DIYロゴ

人工芝をDIYで行うとなった場合にまずはどのように進めていけばよいのでしょうか。
人工芝はどのくらい必要なのか、釘はどれだけ必要なのか、その他何がいるのか、本当にDIYで行えるか等、
事前の計画段階で知っておく事で、無駄な作業や、費用をより抑える事が出来ます。

もくじ

お庭のチェック

人工芝をDIYで施工する場合はお庭によって作業量や工程が大きく左右されます。
またお庭によって問題点が変わってきますので、インターネットでも掲載しきれず、調べても出てこないなんて事もありますので、
事前にお庭の状態をチェックする事で必要な材料だけではなく、あらかじめ問題点を意識する事で対策しやすくなります。

現在のお庭の状態

まずは現在のお庭がどういう状態なのか?です。

  • 雑草や天然芝のお庭

    雑草のお庭

    ほとんどのお庭はこのような状態が多いのでは無いでしょうか。天然芝を敷いていた等のお庭ですね。

    作業としては天然芝を取り除く作業が必要になります。

    天然芝をとった後で土や砂が少ない場合には、新たに土を買って敷きなおさなければいけません。

    また取り除いた天然芝の処分は、土をしっかり取り除く事が必要な地域、分別しなくてはいけない地域等、捨てる際も確認が必要です。

  • 土のみのお庭

    土のお庭

    新築のお家などのような土のみのお庭は、雑草の除去などなくいきなり整地の作業に入れる為、 他のお庭に比べ作業が減るのでラッキーかもしれません(笑)

    ただし表面に石などがある場合は取り除かなくては行けません。

    "ふるい"などで土や砂と、石を分けて取り除いて行きましょう。

  • 砂利などを敷いたお庭

    砂利

    防犯砂利などをすでに敷いているお庭は全てを取り除かなくていけないので、なかなか大変な作業です。

    "ふるい"などで土や砂と砂利を分けて撤去して行きましょう。

    ただし数センチの高さであったとしてもお庭全体に敷いてしまっている場合は結構な量となる為、重労働となります(汗)

    また撤去した砂利などをとっておくのか、それとも処分するのか、処分する際はどこに頼むか、 どの位の費用がかかるのかも事前に調べておく事で計画の遅延防止や不意の出費とならずに済みます。

  • コンクリートのお庭、屋上やベランダに敷く場合

    コンクリート

    コンクリートのお庭ではどこか無機質な印象をうけがちです。

    プランター等で緑を増やすという方もいらっしゃいますが、管理も大変です。

    そこで人工芝を敷くという選択をする方も最近では増えております。

    コンクリートに人工芝を施工する場合は専用のボンドもしくは両面テープで張り付ける事になる為、 整地や防草シートを貼る手間も省けるので、土以上に設置の作業は楽になります。 また使用する道具はテープもしくはボンド関係のみなので、道具に関しても他に比べて用意するものは少なくなります。

    ただし注意するのは人工芝には必ず寿命がある為、いつかは剥がさなくていけないという事です。

    人工芝施工には365日、24時間どんな環境でも人工芝が風で飛ばされないようしっかりと接着しなくてはいけません。

    その接着を剥がすのですから、張り替えの際はなかなか大変な作業になります。

    張り替え時で無くてもつなぎ目など失敗しても修正は他よりも困難になります。

人工芝をDIYで施工する場合は大きく分けると上記例のどれかになるでしょうか。

自分のお庭がどのような工程が必要になり、どのような費用がかかってくるのかをしっかり把握する事で失敗や不意の出費を抑える事が出来ます。 まとめると以下になります。

人工芝設置先お庭作業等まとめ

お庭の種類 下地処理 整地作業 防草シート張り 注意点
雑草、天然芝のお庭 草刈 雑草を根っこから取り除く事が必要
土のお庭 不要 大きな石のみ撤去
砂利のお庭 撤去 出来る限りの砂利撤去
コンクリートのお庭 不要 不要 不要 張り替え時に大変

上の表を参考に何をやるのかを明確にし、計画を立てていきましょう。

お庭の採寸

お庭の状況が分かりましたら次は最も必要なお庭の採寸です。

業者にお願いするにしても、DIYでやるにしても事前にしっかり計測しておく事で施工料や材料代の大まかな予想が出来ます。

施工面積

四角ではないお庭や、四角くても台形の場合はそれぞれの長さを計測し、簡単で良いので図面に計測して置きましょう。

またお庭の中に花壇や水道、植木などがある場合も記録しておくと後々役に立つので記録しておきましょう。

必要資材の割り出し

大まかなお庭のサイズが分かったら、実際にどのような資材が必要なのか、そこから費用がいくらなのかを割り出していきましょう。

人工芝

人工芝ロール

メインとなる人工芝は上で測った総面積分が必要ですが微妙なずれなどを考慮して20cm(両端に10cmずつ)長く見ておきましょう。

人工芝によって1㎡から購入出来たり、1m幅や、2m幅のロールで販売している物がありますので、 必要面積に対してしっかり足りるように購入しましょう。

人工芝の計算

人工芝を計算する前にまずどのように敷くかが必要になります。

人工芝の芽の向き

人工芝には芝の芽の向きがあります。

芝の葉の向き

人工芝を敷く際はこの芽の向きを全て揃えてあげないとつなぎ目が目立ってしまいますので注意が必要です。

芝の葉が短かったりすると少し分かりずらいので、その場合は裏側から見ると分かりやすいです。

裏側にして芝の葉が多く出ている方に流れているという事になります。

人工芝の失敗でよくあるのが、余った部分を"回して"そのまま使ったせいで芝の目が違う方向になってしまい、つなぎ目が目立ってしまったという例です。

予定を立てるときはあくまでも同じ向きで使えるように割り当てましょう。

人工芝配置の向き

図面が出来たら次は人工芝を配置をどうするか決めます。

人工芝は上で説明したように芝の葉の向きがあります。

この人工芝の葉が流れている方(腹側)から見ると最も綺麗に見えます。

逆に葉が流れている背中側から見ると、太陽の光が白く反射してしまい、少し白っぽく見えてしまいます。

下図のようにお庭の入り口や、リビングなど人工芝をよく見る方へ芝の葉を向けてあげましょう。

人工芝の向き

防草シート

防草シート

人工芝を敷いた所から雑草が生えないようにする為に敷きます。

たまに防草シートを敷かずに人工芝を直接敷くなどがありますが、 人工芝には水はけ用の穴がありますので、 そこから草が生えてしまうなども考えられますので、人工芝の下には防草シートを敷く事をオススメします。

防草シートは人工芝と違い向きは関係ないので、ほぼ施工箇所と同じ面積分が必要になります。 ただし失敗用に少し多く用意しておくと安心です。

U字釘

U字釘

人工芝をとめるのに使用します。

基本的には人工芝同士はジョイントテープで接着しますので、U字釘は外周にのみ使います。

必要本数の計算ですが、外周1mに3本位使用しまうので、外周×3本位となります。

ただし打つ途中に曲がってしまう等の事も多々ありますので、少し余分に注文しておきましょう。

人工芝ジョイントテープ

防草シート

人工芝の設置をシュミレーション出来たら、人工芝同士をつなぐ面が何mあるかというのを計算しましょう。

この数量が人工芝ジョイントテープの必要数になります。

よくジョイントテープを使わずU字釘で人工芝同士をつなぐというのがありますが、U字釘でつなげた場合

  • 時間が経つにつれてU字釘とU字釘の間に隙間が出来てしまう
  • 釘が抜けてしまい風で飛ばされたりしまう

などの可能性がございますので、出来ればジョイントテープで接続をオススメします。

防草シート用釘

丸釘

人工芝の下に敷く防草シートも釘でとめます。

よく防草シートもU字釘で止めているのを見ますが、 後で上から人工芝をU字釘で一緒に打ちますので、防草シートをとめるのは丸くぎなどで十分です。

ただし短いとすぐ抜けてしまうので8cm以上のものを使いましょう。

養生テープ

養生テープ

防草シート同士が重なり合った箇所の保護や、人工芝同士の接着時に葉を巻き込まない為の保護用など様々な面で使われる養生テープです。
その為、人工芝、防草シート同士が隣接する箇所が多い程、利用頻度が高くなります。
基本的には1巻で足りますが、不安な場合は養生テープはさまざまな場所で使えるので2巻あっても良いと思います。

人工芝DIY施工期間

カレンダー

DIYでやるのでゆっくり自分のペースでという方もいらっしゃいますが、年末までに、大型連休中内で等、期間が決まってしまっている方も多いと思います。 人工芝のDIYでの施工はどれくらいの期間がかかるのでしょうか。

期間の目安で言うと大体1週間~2週間程が平均的か思います。

期間の差が出る要因

  • 下地作り時に根っこが太い木、雑草を取り除かなくてはいけない
  • 花壇、升、踏み石など障害物が多くある場合
  • 砂利などの撤去が多い場合
  • 施工する箇所が四角く無い場合
  • 丸、アーチがある場合

上記は通常に比べ大きく時間を費やす要素になりますので、上記に多く当てはまる場合は少し施工の期間を多めに設定しておくと良いと思います。

人工芝の納品日

人工芝

人工芝をDIYで購入する場合は、自分でお店に買いに行くという方は良いのですが、インターネットで購入するという方は納品日について注意が必要です。

人工芝等の納品日については遅いのはもちろん来ないと作業が止まってしまうのですが、人工芝を施工する場合は人工芝や防草シート、釘やジョイントテープ等結構な荷物の量になります。

その為、早く来すぎてもスペースを大きく必要とする為、別で保管する場所が良いのですが、無い場合は施工するスペースに置く事になりますので、場合によってはどかしながらの作業にもなりかねません。

納品する場合は下地作業が終了する予定の日、もしくはその少し前当たりに納品すると作業がスムーズに進みます。